季節の特集

季節の魅力を詰め込んだ季刊パンフレット2017年夏版・KAGAMINO BLUEが登場!!

緑に覆われた町内を流れる”限りなくグリーンに近いブルー”の魅力。


私たち人間だけでなく、あらゆる動植物の生命の源である水。
全ての生命は水からはじまったと言っても過言ではありません。

水といえば”青”です。

岡山県最北部、鳥取県境に位置する鏡野町は総面積の9割近くを”緑”の山林に覆われています。
こう表現すると鏡野町は”緑”一色の町のようですが、実は美しい水資源が数多く存在しています。

そもそもかつて、緑と青は一つでした。
たとえば信号機などに代表されるGREENをBLUEと表現する文化は、日本以外の国でも見られる風習です。

鏡野町の中でしか見ることができない緑の中に存在する青、限りなくGREENに近いBLUEの魅力をほんの少しだけご紹介いたします。

鏡野町のさらなる認知度向上のため、季節ごとの魅力を詰め込んだパンフレットを発刊しております。
2017年の夏は、涼を感じられるタイトルのKAGAMINO BLUEをリリースさせていただきました。

緑の中を流れる水の美しさに着目し、水資源の豊富な鏡野町の特⻑を”⻘”で表現しています。
国指定の名勝である奥津渓をはじめ、 岩井滝や白賀渓谷といった”水”がキーワードとなる景勝地のみならず、苫田ダムや奥津湖に代表される人工物と自然との共存といった大きなテーマにも触れています。
⻘、つまりは水という資源を通して、生命のはじまりに思いを馳せるような楽しみ方を提案する内容です。

鏡野町ならではの素材を凝縮し、着地型観光プランの案内も詰め込んだ内容のKAGAMINO BLUEは、町内・県内はもとより関⻄圏・首都圏エリア等の主要観光施設や大型SCに設置するなど、攻めの姿勢で頒布しております。
お手に取ってご覧いただければ幸いです。

KAGAMINO BLUEの内容は電子書籍でもチェックしていただけます。
下記リンクからご確認くださいませ。
KAGAMINO BLUE電子書籍版

ただしご覧いただけるのはKAGAMINO BLUEのほんの一部。
パンフレットの続きは、ぜひ現地にてお楽しみください。

暑い季節にぴったりの水の郷・鏡野町で、はじまりの”青”を感じられる旅を通して、一味違う夏を楽しんでみませんか?